自宅内で複数の鼠がでたら鼠退治は必須

category01

自宅に鼠が侵入する場合には、その鼠の大きさなどもチェックしましょう。

鼠がそれなりの大きさのもの、時にはサイズが小さく明らかに子供の鼠の場合もあります。

子供の鼠がいるということは、繁殖して増えた可能性もあるため、複数の鼠により被害がでることがあります。


そのため、市販グッズで鼠を捕まえた場合でも、一匹だけで済むとは考えず、ある程度警戒しておく必要があります。
自宅内に居座っている、屋根裏などで気配がある場合には、住み着いている可能性もあります。



そのような場合には、罠や忌避剤などを仕掛けてみたり、さまざまな方法で鼠退治、または、家から追い出すように対策を講じる必要があります。


また、自宅に居座られないように、兵糧攻めにすることも有効な手段です。

自宅に住み着くということは居心地のいい環境が整っていると考えるべきです。



一番重要なポイントとしてはエサとなる食料でしょう。



食料が簡単に入手できる場所は鼠にとって居心地がいいということにもなります。


鼠退治をする場合、また、家から追い出す場合には、簡単にエサとなる食料が手に入らないように対策をすることも重要です。
鼠にとってエサとなりそうな食料は、冷蔵庫や、そのほかにも箱、棚など簡単にねずみがかじれないような場所にしまっておくといいでしょう。


そして、市販グッズを組み合わせ、あちこちに罠や殺鼠剤、そのほかにも忌避剤などを使い、鼠が居心地の悪い環境を作り出し、鼠退治、または自宅内から追い出すように仕向けるようにしましょう。

生活が気になる方

category02

鼠により被害が出る場合には、すみやかに対策を考えることも必要です。ですが、鼠は警戒心が強い生き物としても知られています。...

subpage

生活の事柄

category02

ハロウィンやヴァンパイア映画でお馴染のこうもりですが、生きているものは普段身の回りではあまり見かけません。それもそのはず夜行性なので日中は暗い所でひっそりと休んでいます。...

subpage

驚く情報

category03

冬場はあまり飛んでいるところを見かけませんが、春の夕方には空一面のこうもりの大軍を見かけることがあります。フンが車やベランダの手すりについていたりすると、衛生的にも良くありません。...

subpage

生活の秘訣

category04

日本には、30種類以上のこうもりが存在し、すみついてしまった場合には、駆除しない限り、住み続けてしまいます。こうもりは7月から8月にかけてが繁殖期となり、冬になれば冬眠もします。...

subpage